メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  医療法学で考える臨床の未来 »  過重労働対策、「宿日直許可」で形骸化も?

医療法学で考える臨床の未来 医療法学で考える臨床の未来

過重労働対策、「宿日直許可」で形骸化も?

どうなる?医師の働き方改革②

2024年01月16日 15:50

181名の医師が参考になったと回答 

 今年(2024年)4月に始まる医師の働き方改革では医師の時間外労働に上限が設けられるが、労働時間の短縮が医療の質を低下させるとの懸念もあり、医師の宿日直を労働規制の適用除外とする「宿日直許可」を申請する医療機関が増えている。しかし、こうした動きは改革に逆行するとの指摘もあり、医師の過重労働を助長す...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  連載・特集 »  医療法学で考える臨床の未来 »  過重労働対策、「宿日直許可」で形骸化も?