メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  インタビュー »  足利で「慢性疼痛」を学ぶ

インタビュー インタビュー

足利で「慢性疼痛」を学ぶ

第53回日本慢性疼痛学会会長の山口重樹氏、運営事務局長の寺島哲二氏に聞く

2024年02月14日 16:22

145名の医師が参考になったと回答 

 慢性疼痛の緩和は世界的に重要視されているが、米国ではオピオイド鎮痛薬の不適切使用の問題が深刻化している。来る2月23~24日に、栃木県足利市のあしかがフラワーパークプラザで第53回日本慢性疼痛学会が開催される。会長を務めるのは獨協医科大学麻酔科学講座教授の山口重樹氏、学会運営を一手に担うのは運営事...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  連載・特集 »  インタビュー »  足利で「慢性疼痛」を学ぶ