メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  医療法学で考える臨床の未来 »  医療事故、現制度のままでは萎縮医療生む

医療法学で考える臨床の未来 医療法学で考える臨床の未来

医療事故、現制度のままでは萎縮医療生む

2024年03月07日 17:30

261名の医師が参考になったと回答 

 医療事故が生じた際、日本では被害者の救済は過失を犯した医療者個人または医療機関の責任でなされるべきとする過失責任主義が採用されており、萎縮医療が生じる原因となっている。それに対し、医療者の過失の有無を問わず被害者を救済できるのが無過失補償制度であり、創設を求める声は少なくない。日本医療安全学会理事...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  連載・特集 »  医療法学で考える臨床の未来 »  医療事故、現制度のままでは萎縮医療生む