メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  AmpC β-ラクタマーゼ産生腸内細菌目感染症治療戦略

ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症)

AmpC β-ラクタマーゼ産生腸内細菌目感染症治療戦略

どう考える?治療効果と薬剤耐性菌のトレードオフ

2024年05月01日 12:19

174名の医師が参考になったと回答 

(© Adobe Stock ※画像はイメージです)  薬剤耐性菌はとにかく厄介な存在だ。幸い、日本では海外ほど深刻な耐性菌問題は生じていない。特にグラム陰性菌の耐性菌は相対的にはマイルドな問題だ。  日本で特に(頻度的に)問題になっているのは、基質特異性拡張型βラクタマーゼ(ESBL)産生菌とA...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

薬のデギュスタシオン2

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  AmpC β-ラクタマーゼ産生腸内細菌目感染症治療戦略