メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  クライオ生検は医師の働き方改革にも貢献

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

クライオ生検は医師の働き方改革にも貢献

「まずクライオ生検」が当たり前の時代に

2024年05月12日 05:10

151名の医師が参考になったと回答 

研究の背景:観察範囲が狭いクライオ生検、診断精度は?  呼吸器疾患は多岐にわたり、その鑑別は困難を極める。胸部CTで特徴的な陰影を確認して、おそらくこの疾患であろうと当たりを付けることは重要だが、確実性を増すためには気管支鏡検査がよく行われる。  肺の病態を知る方法としては、気管支肺胞洗浄(bron...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  クライオ生検は医師の働き方改革にも貢献