メニューを開く 検索を開く ログイン
【お知らせ】大型連休中の各種お手続きに関して

ホーム »  ISN WCN 2019

ISN WCN 2019

カナグリフロジンで腎アウトカムが改善

 慢性腎臓病(CKD)を伴う2型糖尿病患者を対象に、SGLT2阻害薬カナグリフロジンによる腎アウトカムへの影響について検討した大規模臨床試験CREDENCE※1の結果が明らかになった。これまで、SGLT2阻害薬の腎への影響を副次的に評価した臨床試験はあったが、腎アウトカムを主要評価項目とした大規模臨床試験は今回が世界初となる。同試験により、主要評価項目ならびに腎特異的複合評価項目がそれぞれ約30%有意に低下することが示された。結果の詳細を、オーストラリア・George Institute for Global HealthのVlado Perkovic氏らが国際腎臓学会・世界腎臓学会議(ISN WCN 2019、4月12~15日、メルボルン)で報告、N Engl J Med(2019年4月14日オンライン版)に同時掲載された。

Hb低値持続透析例は死亡リスクが高い傾向

 シンガポール・National Kidney FoundationのRajeswari Moothathamby氏らは、血液透析患者におけるヘモグロビン(Hb)値の変動パターンと予後の関係を検討する後ろ向き観察研究を実施。Hb値が恒常的に低値の例では死亡リスクが高い傾向が見られたことを、国際腎臓学会・世界腎臓学会議(ISN WCN 2019、4月12~15日、メルボルン)で報告した。

植物性蛋白質は腎機能低下を抑制?

 慢性腎臓病(CKD)治療においては、腎機能低下の程度に応じた蛋白質の摂取制限が広く行われている。今回、植物性蛋白質の摂取量が多いと推算糸球体濾過量(eGFR)の低下速度が遅くなることが、10年間の縦断コホート研究により明らかになった。オーストラリア・University of Sydney/Children's Hospital at Westmead, Centre for Kidney ResearchのA. Bernier-Jean氏らが、国際腎臓学会・世界腎臓学会議(ISN WCN 2019、4月12〜15日、メルボルン)で報告した。

ワンクリックアンケート

帰宅後も思い悩んだ診療での出来事は?

ホーム »  ISN WCN 2019