ウェルナー症候群に関する医療ニュース・トピックス

ウェルナー症候群とは/ウェルナー症候群について

 早老症の一種で、思春期以降、全身の諸臓器に老化性変化が早発する疾患。常染色体劣性遺伝によって発症し、20代で白髪や脱毛、30代で両側白内障や糖尿病、40代で心筋梗塞や悪性腫瘍などの老化症候が出現。また、難治性皮膚潰瘍を高率で発症し、下肢切断に至るケースもある。平均死亡年齢は50代半ばとされていたが近年寿命の伸展が見られる。

 1904年に独のオットー・ウェルナー氏により初めて報告された。全世界の報告の6割以上が日本人で、国内の患者数は現在約2,000人と推定されている。近年研究が進み、患者の予後は改善傾向にあるが、根本治療は確立されていない。厚生労働省により指定難病に認定されている。

「ウェルナー症候群」に関連した疾患情報、医療ニュース、診断基準(ガイドライン)、関連薬剤の副作用情報などを掲載しています。
※対象領域だけでなく、関連領域の記事も一覧で表示される場合がございます。

Medical Tribune, Inc.

メディカルトリビューンについて

メディカルトリビューンは1968年の創業以来約50年にわたり、国内外の最新の医学・医療情報を発信している医療専門ニュースサイトです。