メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  「保健医療2035」にグローバル化が必要な理由とは

「保健医療2035」にグローバル化が必要な理由とは

厚労省がシンポジウム開催

 2015年08月26日 18:53
プッシュ通知を受取る

 今年(2015年)6月に外部有識者で構成された懇談会による提言書「保健医療2035」に関するシンポジウムが8月24日に東京都で開かれた。開催告知からわずか4日間で申し込みが定員500人を超え,キャンセル待ちが出るほどの盛況ぶりだったようだ。同懇談会を設置した塩崎恭久厚生労働相は「提言だけでは終わらせない。20年先を見据えて今何をすべきかが大事」と挨拶。現在,提言を実行に移すための推進本部を省内に設置し検討を進めていることなどを明らかにした。懇談会メンバーによるディスカッションでは,提言書にグローバル化が盛り込まれた理由などが紹介された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

薄着の季節に向けて、先生のダイエット方法は?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  「保健医療2035」にグローバル化が必要な理由とは

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04024000 有効期限:4月末まで