メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  改変バルサルバ法で発作性上室頻拍患者の洞調律回復率が約4倍に

改変バルサルバ法で発作性上室頻拍患者の洞調律回復率が約4倍に

英のRCT,REVERT試験

 2015年08月28日 09:38
プッシュ通知を受取る

 症状が安定している発作性上室頻拍(PSVT)に対する「息こらえ(バルサルバ法)」による迷走神経刺激療法は,薬物療法に先立つ一次治療として推奨されている。しかし,実地臨床における有効率は5~20%と高くないようだ。英・Royal Devon and Exeter Hospital NHSのAndrew Appelboam氏らは,改変バルサルバ法の有効性を国内複数の救急部門によるランダム化並行群間比較試験(RCT)REVERTで検討。治療成績が従来法の約4倍程度改善したと報告した(Lancet2015年8月25日オンライン版)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  改変バルサルバ法で発作性上室頻拍患者の洞調律回復率が約4倍に

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07024008 有効期限:7月末まで