メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  解説 »  「スーパーノーマル」が過去最低の6.6%

「スーパーノーマル」が過去最低の6.6%

2014年人間ドック全国集計成績報告

 2015年09月01日 21:30
プッシュ通知を受取る

 日本人間ドック学会は8月,公式サイト上で2014年統計調査報告を発表し,基本検査の全項目で異常のない者を示す「スーパーノーマル」が依然減少しており,過去最低を記録したことを明らかにした。この背景には,受診者の高齢化,判定基準の厳格化などが影響しているとみられる。今回の結果と今後の人間ドックの展望について,同学会人間ドック健診統計調査委員会委員長で牧田総合病院人間ドック健診センター院長の笹森斉氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

春の学会シーズン。一番の楽しみは?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  解説 »  「スーパーノーマル」が過去最低の6.6%

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04024021 有効期限:4月末まで