メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  治療抵抗性高血圧の約6割がスピロノラクトンで血圧コントロール良好に

治療抵抗性高血圧の約6割がスピロノラクトンで血圧コントロール良好に

ESCで発表のPATHWAY2試験

 2015年09月03日 17:52
プッシュ通知を受取る

 最大耐用量のRA系阻害薬やCa拮抗薬,利尿薬を使用しても血圧コントロール不良な治療抵抗性高血圧に対し,これらの併用療法にスピロノラクトンを上乗せしたところ,α遮断薬やβ遮断薬などを上乗せした場合に比べて収縮期血圧(SBP)の低下度が有意に大きかったとするPATHWAY※1 2試験の結果が欧州心臓病学会(ESC Congress 2015;8月29日〜9月2日,ロンドン)で報告された。同試験では,スピロノラクトンの上乗せにより約6割の治療抵抗性高血圧が改善することも示された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

10連休中に行われた4年に1度の医学会総会

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  治療抵抗性高血圧の約6割がスピロノラクトンで血圧コントロール良好に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05024220 有効期限:5月末まで