メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  世界の死亡や健康寿命の損失で,修正可能な危険因子トップは高血圧

世界の死亡や健康寿命の損失で,修正可能な危険因子トップは高血圧

GBD研究2013

 2015年09月14日 15:00
プッシュ通知を受取る

 米・Institute for Health Metrics and Evaluation(IHME)のChristopher J. L. Murray氏らの国際共同研究グループによるGlobal Burden of Disease(GBD)研究の解析から,2013年の世界188カ国における死亡の修正可能な危険因子で最も関連の強いものは高血圧であることが示された。高血圧は今から25年前(1990年)も死亡の最も強い危険因子だったが,高血圧に起因した死亡者数は同年と比べ49.1%増加していることも分かった。早死や疾患,障害により失われた年数を示す障害調整生存年(DALY)の最大の危険因子も高血圧だった。詳細はLancet(2015年9月10日オンライン版)で報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

初めての街で初めての訪問先。頼りにするのは?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  世界の死亡や健康寿命の損失で,修正可能な危険因子トップは高血圧

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10024610 有効期限:10月末まで