メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  インクレチン関連薬による膵がんリスクの上昇認められず

インクレチン関連薬による膵がんリスクの上昇認められず

EASDで報告のデンマーク・症例対照研究

 2015年09月17日 09:20
プッシュ通知を受取る

 インクレチン関連薬による膵がんリスクの上昇を否定する新たな研究結果が明らかになった。デンマーク・Aarhus University HospitalのReimar W. Thomsen氏は,同国の患者登録データベースや処方データベースを用いた症例対照研究でインクレチン関連薬を含む各種糖尿病治療薬と膵がんリスクとの関連について検討。全ての治療薬で膵がんリスクの上昇がほぼ同等に認められ,膵がんの最大の危険因子は糖尿病治療薬の使用ではなく糖尿病そのものであることが示唆されたと第51回欧州糖尿病学会(EASD 2015:9月14~18日,ストックホルム)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

2023年に人類初の月旅行。無料招待券が届いたら?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  インクレチン関連薬による膵がんリスクの上昇認められず

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10030573 有効期限:10月末まで