メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  血管内皮機能と血小板凝集能の観点から検討必要/PCI後の抗血小板療法

血管内皮機能と血小板凝集能の観点から検討必要/PCI後の抗血小板療法

第63回日本心臓病学会

 2015年09月24日 18:45
プッシュ通知を受取る

 血管内皮機能障害は血小板機能障害と関連することから,経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を行った冠動脈疾患(CAD)患者に対する抗血小板療法は血管内皮機能と血小板凝集能の観点から検討していく必要がある。熊本大学循環器内科学准教授の掃本誠治氏は第63回日本心臓病学会学術集会(9月18〜20日,東京医科大学循環器内科主任教授・山科章氏)の「山口徹と学ぶ循環器病の最近の治療・虚血性心疾患」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

10連休中に行われた4年に1度の医学会総会

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  血管内皮機能と血小板凝集能の観点から検討必要/PCI後の抗血小板療法

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05037425 有効期限:5月末まで