メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  臨床腫瘍医と緩和ケア医,お互いの理解不足が浮き彫りに

臨床腫瘍医と緩和ケア医,お互いの理解不足が浮き彫りに

 2015年09月25日 17:15
プッシュ通知を受取る

 北里大学新世紀医療開発センター臨床腫瘍学教授の佐々木治一郎氏は,第13回日本臨床腫瘍学会(JSMO)学術集会(7月16〜18日,会長=北海道大学大学院腫瘍内科学分野教授・秋田弘俊氏)のJSMO/日本緩和医療学会(JSPM)合同シンポジウム「緩和医療ガイドラインの臨床腫瘍医への浸透」で臨床腫瘍医に対する緩和医療ガイドライン(GL)に関するアンケートの結果を発表し,「臨床腫瘍医と緩和ケア医はお互いの領域に対する理解が足りないことが分かった。双方が同じ志を持つ者として連携していくことが重要だ」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPS細胞関連研究の進展。思うことは?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  臨床腫瘍医と緩和ケア医,お互いの理解不足が浮き彫りに

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11037427 有効期限:11月末まで