メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  世界に誇る緑内障疫学研究のデータ解析が進行中

世界に誇る緑内障疫学研究のデータ解析が進行中

多治見スタディ・久米島スタディ

 2015年09月30日 07:00

岩瀬愛子先生@緑内障学会

 2000〜01年に実施された多治見スタディと,同じプロトコルで行われた久米島スタディ(2005〜06年)は,ともに世界的に評価の高い緑内障疫学研究である。データの解析は別々に進められていたが,2013年に日本緑内障学会疫学調査研究班として単独および横断的な比較研究が開始された。第26回日本緑内障学会(9月11〜13日)のデータ解析委員会特別セッションにおいて,同学会会長で疫学調査研究班委員でもあるたじみ岩瀬眼科院長の岩瀬愛子氏が,久米島スタディを中心にこれまでの研究成果を報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  学会レポート »  世界に誇る緑内障疫学研究のデータ解析が進行中

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037440 有効期限:10月末まで