メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  進行腎細胞がんに対する新治療で有望な試験結果

進行腎細胞がんに対する新治療で有望な試験結果

 2015年10月05日 10:00
プッシュ通知を受取る

 初回治療後に増悪を来した進行腎細胞がんに対する標準治療薬であるmTOR阻害薬エベロリムスと,免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-1抗体ニボルマブ,または新規の血管内皮増殖因子受容体-チロシンキナーゼ阻害薬(VEGFR-TKI)cabozantinibのそれぞれを比較する国際オープンラベルランダム化第Ⅲ相試験の結果が,欧州癌学会(ECC 2015,9月25〜29日,ウィーン)とN Engl J Med(2015年9月25日オンライン版,)で発表され,両薬剤とも生命予後の改善に有望であることが報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  進行腎細胞がんに対する新治療で有望な試験結果

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11037503 有効期限:11月末まで