メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  C型肝炎,SVR後の抗ウイルス療法をどうする?

C型肝炎,SVR後の抗ウイルス療法をどうする?

がんの再発抑制と生命予後の改善が期待

 2015年10月07日 14:00
プッシュ通知を受取る

画像

 C型肝炎の治療目標は,C型肝炎ウイルス(HCV)持続感染によって惹起される慢性肝疾患の長期予後の改善,すなわち,肝発がんならびに肝疾患関連死を抑止することである。東京医科歯科大学大学院肝臓病態制御学教授の朝比奈靖浩氏は「肝発がん後にもインターフェロン(IFN)などによる抗ウイルス療法によって,肝がんの再発抑制と生命予後の改善が期待できる」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

春の学会シーズン。一番の楽しみは?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  C型肝炎,SVR後の抗ウイルス療法をどうする?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04037542 有効期限:4月末まで