メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  大腸がんスクリーニング勧告の改訂案を公表, USPSTF

大腸がんスクリーニング勧告の改訂案を公表, USPSTF

引き続き50~75歳に強く推奨

 2015年10月07日 17:30

 米国予防医療サービス対策委員会( USPSTF )は10月6日,大腸がんのスクリーニング検査に関する勧告の草案を公表した。2008年以来,7年ぶりの改訂となる。前回の勧告と同様に,スクリーニング検査が大腸がんによる死亡リスクを低下させるとの明確なエビデンスがあるとして, 50~75歳では全ての人に,また76~85歳では一部に対して大腸がんスクリーニング検査を実施することが推奨された。草案に対するパブリックコメントの募集を経て正式な勧告が公表される。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  ガイドライン・診断基準 »  大腸がんスクリーニング勧告の改訂案を公表, USPSTF

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037549 有効期限:10月末まで