メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  3番目のIFNフリー治療薬が発売の見通し

3番目のIFNフリー治療薬が発売の見通し

副作用が少なく有効性も高い

 2015年10月08日 14:00
プッシュ通知を受取る

画像

 オムビタスビル(OBV),パリタプレビル(PTV),リトナビル(r)の合剤(ヴィキラックス®)が今年(2015年)8月31日に製造販売承認を受けた。インターフェロン(IFN)を使わないゲノタイプ(GT)1b型C型慢性肝炎に対する経口薬としては国内3番目となる。広島大学大学院消化器・代謝内科学教授の茶山一彰氏は,日本のC型肝炎の中で最も多いサブタイプであるGT1b型のC型慢性肝炎,代償性肝硬変の患者を対象としたGIFT-Ⅰ第Ⅲ相試験の結果を報告し「OBV/PTV/r 3剤併用療法は,重篤な副作用もなく安全で有効な治療といえる」と解説している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  3番目のIFNフリー治療薬が発売の見通し

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02037541 有効期限:2月末まで