メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  CKD早期発見に有用なマーカーsuPAR

CKD早期発見に有用なマーカーsuPAR

 2015年11月19日 13:00
プッシュ通知を受取る

 米・Rush University Medical CenterのJochen Reiser氏らは,血中蛋白質の可溶性ウロキナーゼ型プラスミノーゲン活性化因子受容体(suPAR)の濃度上昇と推算糸球体濾過量(eGFR)の低下および将来の慢性腎臓病(CKD)発症との間に関連が認められたと米国腎臓学会(ASN)のKidney Week 2015(11月3〜8日,サンディエゴ)で報告した。詳細はN Engl J Med2015年11月5日オンライン版)にも掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  学会レポート »  CKD早期発見に有用なマーカーsuPAR

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08037811 有効期限:8月末まで