メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  非季節性大うつ病性障害に高照度光療法が有効

非季節性大うつ病性障害に高照度光療法が有効

 2015年11月29日 12:00
プッシュ通知を受取る

 カナダ・University of British ColumbiaのRaymond W. Lam氏らは,非季節性大うつ病性障害(MDD)の成人患者を対象としたランダム化比較試験の結果,高照度光療法は単独でも抗うつ薬フルオキセチンとの併用でも有効であることが示されたとJAMA Psychiat2015年11月18日オンライン版)で報告した。同試験で,うつ病評価尺度のスコアが最も改善したのは,高照度光療法とフルオキセチンを併用した群であった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

暑い日にMRが背広なし・ノーネクタイで訪問したら?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  非季節性大うつ病性障害に高照度光療法が有効

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07037912 有効期限:7月末まで