メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  解説 »  2015年の新WHO肺がん分類を解説

2015年の新WHO肺がん分類を解説

生検と細胞診が重要な位置付け

 2015年12月03日 10:00
プッシュ通知を受取る

 愛知県がんセンター遺伝子病理診断部の谷田部恭氏は,11年ぶりに改訂され2015年4月に発表された世界保健機関(WHO)の新しい肺がん病理分類の概要を第74回日本癌学会学術総会(10月8〜10日,会長=名古屋医療センター院長・直江知樹氏)で説明。「新分類では,より生物学的な面を重視するようになるとともに,生検と細胞診が重要な位置付けとなった」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  解説 »  2015年の新WHO肺がん分類を解説

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04037945 有効期限:4月末まで