メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  加糖飲料消費量,世界的に増加傾向

加糖飲料消費量,世界的に増加傾向

 2015年12月08日 08:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 カロリー甘味料(砂糖・蜂蜜・シロップなど)を添加した食品や飲料の摂取と,体重増加や心臓・代謝関連疾患,特に糖尿病との関連は,複数の研究で示されている。米・University of North CarolinaのBarry M. Popkin氏と英・City University LondonのCorinna Hawkes氏は,米国の加工食品におけるカロリー甘味料の含有状況について調査し,さらに,50カ国以上において加糖飲料の消費量をその販売量から推定することを試み,消費抑制のための対策との関連についても言及した。詳細は,Lancet Diabetes Endocrinol2015年12月1日オンライン版)のPersonal Viewとして報告された。

(iStock/Getty Images)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

初めての街で初めての訪問先。頼りにするのは?

ホーム »  医療ニュース »  2015年 »  健康・公衆衛生 »  加糖飲料消費量,世界的に増加傾向

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037976 有効期限:10月末まで