メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  認知症はプライマリケア医による早期の拾い上げが重要

認知症はプライマリケア医による早期の拾い上げが重要

 2015年12月11日 12:00

羽生氏 わが国の認知症患者は2025年には675万人,2040年には800万人に達するとされており,認知症医療はかかりつけ医の参加なしでは成立が難しくなる。また,生活習慣病との関連を指摘する報告も相次いでおり,プライマリケア医が果たす役割は今後いっそう大きくなると言えそうだ。ここでは,認知症に対して早くから地域医療連携の強化に着手している東京医科大学高齢診療科主任教授の羽生春夫氏に,外来で早期に拾い上げるこつや薬物療法のポイントなどについて聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2015年 »  臨床医学 »  認知症はプライマリケア医による早期の拾い上げが重要

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10037966 有効期限:10月末まで