メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  マニュアル導入でかかりつけ医による糖尿病診療の質が向上

マニュアル導入でかかりつけ医による糖尿病診療の質が向上

わが国初のクラスターRCTで示唆

 2016年01月07日 07:05
プッシュ通知を受取る

 現在,さまざまな疾病管理に関し,数多くの診療ガイドライン(GL)やマニュアルが存在する。これらは診療の質を向上させ,患者の予後を改善することを最終的な目的として作成されている。しかし,こうしたGLやマニュアルを導入したことによる効果を実臨床で検証した研究は少ない。こうした中,一般診療所・クリニック向けに作成された2型糖尿病の標準診療マニュアルが診療の質を向上させる可能性が,わが国初のクラスター・ランダム化比較試験(RCT)で示唆された。聖路加国際病院内分泌代謝科医長/東京医科歯科大学医学部臨床教授の能登洋氏らがJ Diabetes Investig2015年12月12日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  マニュアル導入でかかりつけ医による糖尿病診療の質が向上

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04038169 有効期限:4月末まで