メニューを開く 検索 ログイン

寄稿 『献身』に記されたFAPの"難しさ"

熊本大学大学院神経内科教授 安東由喜雄

2016年01月13日 10:05

編集部より

 朝日新聞編集委員の大久保真紀氏が,家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)患者の支援に全身全霊を捧げた志多田正子さんとの関わりを軸に,FAPをめぐる患者・家族・医療者らの闘いと葛藤を描いた『献身 遺伝病FAP患者と志多田正子たちのたたかい』(関連記事)。本書にも登場し,FAPの研究と診療に医師としての人生の大半をかける熊本大学の安東由喜雄教授に寄稿していただいた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  寄稿 『献身』に記されたFAPの"難しさ"

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで