メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

スマホとタブレットで涙液貯留量を測定

角膜カンファランス2016

 2016年03月02日 07:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 涙液貯留量の指標となる涙液メニスカスの曲率半径を測定するメニスコメトリー法は,投光系と受光系を持つ専用装置を用いることから,測定場所が診察室などに限られている。東京大学工学系研究科先端学際工学専攻の岡崎善朗氏は,スマートフォンのカメラを受光系としたシステムにより涙液メニスカスの曲率半径の測定が可能であることを確認し,眼科啓発アプリとしての可能性を示した。角膜カンファランス2016(第40回日本角膜学会総会/第32回日本角膜移植学会,2月18~20日,会長=北里大学眼科教授・清水公也氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  スマホとタブレットで涙液貯留量を測定

error in template: found but mtif was expected