メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  スマホとタブレットで涙液貯留量を測定

スマホとタブレットで涙液貯留量を測定

角膜カンファランス2016

 2016年03月02日 07:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 涙液貯留量の指標となる涙液メニスカスの曲率半径を測定するメニスコメトリー法は,投光系と受光系を持つ専用装置を用いることから,測定場所が診察室などに限られている。東京大学工学系研究科先端学際工学専攻の岡崎善朗氏は,スマートフォンのカメラを受光系としたシステムにより涙液メニスカスの曲率半径の測定が可能であることを確認し,眼科啓発アプリとしての可能性を示した。角膜カンファランス2016(第40回日本角膜学会総会/第32回日本角膜移植学会,2月18~20日,会長=北里大学眼科教授・清水公也氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生自身はサプリメントや栄養補助食品などを使用しますか?常用しているものがあったら、教えてください。

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  スマホとタブレットで涙液貯留量を測定

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07500362 有効期限:7月末まで