メニューを開く 検索を開く ログイン

カナダも重喫煙者への肺がんCT集検を推奨

米に続き

 2016年03月10日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 カナダ予防健康ケア専門委員会(CTFPHC)は肺がんの既往のない,55~74歳の重喫煙者に対する低線量CTを用いた肺がん検診を対策型検診として推奨した(CMAJ2016年3月7日オンライン版)。推奨はプライマリケア関係者および政策立案者向け。米国では2012~13年にUSPSTFや関連学会が同様の年齢層の重喫煙者に対する低線量CTによる肺がん検診を推奨している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  カナダも重喫煙者への肺がんCT集検を推奨