メニューを開く 検索を開く ログイン

わが国のTEVARリアルワールドデータ明らかに

第46回日本心臓血管外科学会

 2016年03月11日 07:00
プッシュ通知を受取る

石丸氏 胸部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術(TEVAR)は,外科手術に代わる低侵襲治療として施行例が年々増加している。戸田中央総合病院(埼玉県戸田市)血管内治療センター長の石丸新氏は,第46回日本心臓血管外科学会学術総会(2016年2月15~17日,会長=名古屋大学血管外科学分野教授・古森公浩氏)の特別セミナーにおいて,日本ステントグラフト実施基準管理委員会(JACSM)による追跡調査結果を報告。入院死亡率が3.1%で瘤破裂,血液透析などと有意に関連していることを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  わが国のTEVARリアルワールドデータ明らかに