メニューを開く 検索 ログイン

肺動脈性肺高血圧,早期介入が鍵

希少・難治性疾患-最終回

2016年03月28日 07:05

大郷氏 肺動脈性肺高血圧症(PAH)は,肺小動脈に生じた異常により肺血管抵抗が上昇し,右心不全を来す疾患である。1980年代前半には特発性・遺伝性PAHの平均生存期間は2.8年,5年生存率は34%と極めて予後不良だったが,PAH特異的治療薬の登場で長期管理が可能になってきた。国立循環器病研究センター病院肺循環科の大郷剛氏は「早期に治療を開始できれば,社会復帰も夢ではない」と述べている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  肺動脈性肺高血圧,早期介入が鍵

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで