メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  むずむず脚の女性は骨の健康状態が良好

むずむず脚の女性は骨の健康状態が良好

 2016年04月15日 07:15

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 レストレスレッグス症候群(RLS)の女性は骨の健康状態が良好であることを示すデータが,トルコのグループによりNeurology2016; 86: 1235-1241)に発表された。

続きを読む 

症状緩和の体動が理由?

 同グループは,薬物療法歴のないRLS女性78例と年齢,BMIがマッチする対照女性78例の骨形成マーカー(Ⅰ型プロコラーゲン-N-プロペプチド),骨吸収マーカー〔Ⅰ型コラーゲン架橋C-テロペプチド(CTX)〕,骨形成阻害因子(スクレロスチン),腰椎骨密度(BMD)を比較した。

 その結果,RLS群は血清25-ヒドロキシビタミンD3が低値であったにもかかわらず,腰椎BMD値は有意に高かった(P=0.001)。RLS群では腰椎Tスコアで評価した骨減少症の頻度が低く(P=0.040),CTX(P=0.006)およびスクレロスチン(P=0.011)も有意な低値を示した。

 同グループは「RLS患者は症状緩和のために昼夜を問わず体を動かす。この無意識の運動により,骨の健康状態が良好であることを説明できる可能性がある」としている。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  むずむず脚の女性は骨の健康状態が良好

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10503260 有効期限:10月末まで