メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  「血友病デー」に合わせ定期補充療法の普及を訴える

「血友病デー」に合わせ定期補充療法の普及を訴える

 2016年04月15日 19:35
プッシュ通知を受取る

花房氏 4月17日は「世界血友病デー」。わが国には8,000人以上の血友病患者が存在すると推定されているが,現状,根治治療はなく,治療の主眼は関節や筋肉,皮下,頭蓋内などに発現する出血傾向の抑制である。治療法の主流とされる血液凝固第Ⅷ因子製剤の定期的な静注(定期補充療法)では日常の出血リスクが大幅に低下するが,頻回注射の負担や有効性に対する患者の理解不足などにより,中等症・軽症の患者で普及が進まないことが問題視されている。世界血友病デーを目前に控え12日に東京都で開催されたプレスセミナー(主催:バイエル薬品株式会社)では,800人以上の血友病患者が登録する荻窪病院理事長・血液科部長の花房秀次氏が,定期補充療法を基本とした個別化治療のスキームなどについて解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

薄着の季節に向けて、先生のダイエット方法は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  「血友病デー」に合わせ定期補充療法の普及を訴える

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04503279 有効期限:4月末まで