メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  SGLT2阻害薬は安定した臨床効果を1年持続

SGLT2阻害薬は安定した臨床効果を1年持続

JDDM多施設共同研究

 2016年06月21日 14:25
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 作用機序が既存薬と重複しないSGLT2阻害薬は、単剤投与から併用まで幅広い処方が可能と考えられる。つくば糖尿病センター川井クリニック(茨城県つくば市)院長の山崎勝也氏は、臨床現場でSGLT2阻害薬がどのように用いられているのか、日本糖尿病データマネジメント研究会(JDDM)の登録症例を対象に1年間の検討を実施。SGLT2阻害薬が若年の肥満者に多く用いられている実態を明らかにするとともに、安定した血糖改善と体重減少効果が認められたことを、第59回日本糖尿病学会年次学術集会(5月19~21日、会長=京都大学大学院糖尿病・内分泌・栄養内科学教授・稲垣暢也氏)のシンポジウム「SGLT2阻害薬の課題と展望」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療とはサイエンスである。 だがしかし...

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  SGLT2阻害薬は安定した臨床効果を1年持続

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08503830 有効期限:8月末まで