メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  長期の経口避妊薬がクローン病の進行にも影響

長期の経口避妊薬がクローン病の進行にも影響

【海外短報】

 2016年06月28日 07:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images ※画像はイメージです

 経口避妊薬(OC)の長期使用はクローン病(CD)の発症だけでなく進行にも影響を与えると、米国とスウェーデンの共同研究グループがGastro­enterology2016; 150: 1561-1567.e1)に発表した。

関係性は、コンビネーションピルに限定

 OCの使用はCDの発症と関係すると報告されている(Gut 2013; 62: 1153-1159)。しかし、OC使用のCD進行への影響は明らかにされていない。同グループは、スウェーデンの全患者登録(2002〜13年)と処方薬登録(2005年7月〜13年12月)から、女性CD患者4,036例のOC使用とCDの進行による初回手術との関係を検討した。

 中央値58カ月の追跡で、482例がCDの進行と関連する初回手術を受けていた。OC非使用群と比べたOC使用群における多変量補正後の手術のハザード比は、3年を超える長期使用群では1.68(95%CI 1.06〜2.67)と有意に高かった。

 この関係性は、一般的に用いられているコンビネーションピル(卵胞および黄体ホルモンの両方を含有)に限定された。OC使用によるステロイド処方率の上昇は見られなかった。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

患者の謝礼は受け取りますか

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  長期の経口避妊薬がクローン病の進行にも影響

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07503865 有効期限:7月末まで