メニューを開く 検索を開く ログイン

カルバペネム耐性腸内細菌科細菌はなぜ拡散したか

長崎大学病院におけるアウトブレイクから学ぶ

 2016年07月05日 14:55
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

1606100_izumikawa.jpg カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)は腸管内で保菌されやすく、除菌が難しい。腸内細菌科細菌であるが故の特徴であり、本菌の制御を困難にしている要因の1つである。長崎大学病院感染制御教育センターセンター長/同大学大学院臨床感染症学教授の泉川公一氏は第64回日本化学療法学会総会(6月9〜11日、会長=三田市民病院院長/神戸大学客員教授・荒川創一氏)において、新生児集中治療室(NICU)/治療回復室(GCU)で発生したCREによるアウトブレイクを紹介。本事例が院内感染対策を見直す契機となり、手指衛生に対する職員の意識が向上したことを明かした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  カルバペネム耐性腸内細菌科細菌はなぜ拡散したか