メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  カルバペネム耐性腸内細菌科細菌はなぜ拡散したか

カルバペネム耐性腸内細菌科細菌はなぜ拡散したか

長崎大学病院におけるアウトブレイクから学ぶ

 2016年07月05日 14:55

1606100_izumikawa.jpg カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)は腸管内で保菌されやすく、除菌が難しい。腸内細菌科細菌であるが故の特徴であり、本菌の制御を困難にしている要因の1つである。長崎大学病院感染制御教育センターセンター長/同大学大学院臨床感染症学教授の泉川公一氏は第64回日本化学療法学会総会(6月9〜11日、会長=三田市民病院院長/神戸大学客員教授・荒川創一氏)において、新生児集中治療室(NICU)/治療回復室(GCU)で発生したCREによるアウトブレイクを紹介。本事例が院内感染対策を見直す契機となり、手指衛生に対する職員の意識が向上したことを明かした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  カルバペネム耐性腸内細菌科細菌はなぜ拡散したか

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10503950 有効期限:10月末まで