メニューを開く 検索を開く ログイン

宇宙仕込みの安全管理手法を医療にも

筑波大・JAXA共催の医療安全シンポジウム

 2016年08月04日 11:45
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 人類が生活する上で極限状態の1つと考えられる宇宙環境において、これまで宇宙航空研究開発機構(JAXA)をはじめとする各国の宇宙機関は、さまざまなトラブルや事故を教訓としながら徹底した安全管理手法を構築してきた。7月23日に東京都で開かれた筑波大学およびJAXA共催の医療安全シンポジウム「宇宙の安全を医療の安全へ」では、医療機関で用いられる転倒・転落防止装置に起こったトラブルを例に、宇宙環境における安全管理のノウハウを実際の医療行為における安全対策に活用する取り組みについて紹介された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  イベント »  宇宙仕込みの安全管理手法を医療にも