メニューを開く 検索を開く ログイン

愛媛・産婦人科重大事例に産婦人科医会が見解

 2016年12月15日 16:30
プッシュ通知を受取る

 愛媛県今治市の産婦人科医院で出産直後の女性2人が大量出血で死亡するなどのケースが相次いだ問題で、日本産婦人科医会常務理事の石渡勇氏は14日東京都内で会見し、死亡および重症の4事例について「バイタルサインをきちんと把握しながら、早い時期に地域の総合病院に搬送する必要があったが、診療ガイドラインからの大きな逸脱はなかった」との見解を示した。医会としては今後、さらなる医療安全に向けて、問題を抱える地域の改善のために支援を強化する方針であるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  事件・事故 »  愛媛・産婦人科重大事例に産婦人科医会が見解