メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  「臍帯結紮のタイミング遅らせて」、米学会が推奨

「臍帯結紮のタイミング遅らせて」、米学会が推奨

 2017年01月13日 07:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 米国産科婦人科学会(ACOG)は昨年(2016年)12月21日、臍帯結紮のタイミングに関する意見書(Committee Opinion)を同学会の公式サイトで発表した。出生時のヘモグロビン値が増加し、出生後数カ月間にわたって鉄貯蔵量が改善することが期待できるとして、健康な正期産児および早産児には最低でも出生後30~60秒経過してから結紮を行う「臍帯遅延結紮」を推奨するとしている。意見書はObstet Gynecol2017; 129: e5-e10)にも掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  「臍帯結紮のタイミング遅らせて」、米学会が推奨

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02506178 有効期限:2月末まで