メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

 ガイドライン・診断基準へ戻る

「臍帯結紮のタイミング遅らせて」、米学会が推奨

ガイドライン・診断基準 | 2017.01.13 07:15

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 米国産科婦人科学会(ACOG)は昨年(2016年)12月21日、臍帯結紮のタイミングに関する意見書(Committee Opinion)を同学会の公式サイトで発表した。出生時のヘモグロビン値が増加し、出生後数カ月間にわたって鉄貯蔵量が改善することが期待できるとして、健康な正期産児および早産児には最低でも出生後30~60秒経過してから結紮を行う「臍帯遅延結紮」を推奨するとしている。意見書はObstet Gynecol2017; 129: e5-e10)にも掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事・ピックアップコンテンツ

  1. 1

    SGLT2阻害薬、実臨床で心不全・死亡減少

  2. 2

    「自転車とEDリスク」関連はあるのか

  3. 3

    食の欧米化で日本人は健康になる

  4. 4

    糖尿病足病変、日本は海外の1割

  5. 5

    糖尿病患者の便秘、腸内環境との関連は?

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  ガイドライン・診断基準 >  「臍帯結紮のタイミング遅らせて」、米学会が推奨

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P05506178有効期限:5月末まで