メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 ガイドライン・診断基準へ戻る

「臍帯結紮のタイミング遅らせて」、米学会が推奨

ガイドライン・診断基準 | 2017.01.13 07:15

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 米国産科婦人科学会(ACOG)は昨年(2016年)12月21日、臍帯結紮のタイミングに関する意見書(Committee Opinion)を同学会の公式サイトで発表した。出生時のヘモグロビン値が増加し、出生後数カ月間にわたって鉄貯蔵量が改善することが期待できるとして、健康な正期産児および早産児には最低でも出生後30~60秒経過してから結紮を行う「臍帯遅延結紮」を推奨するとしている。意見書はObstet Gynecol2017; 129: e5-e10)にも掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  ガイドライン・診断基準 >  「臍帯結紮のタイミング遅らせて」、米学会が推奨