メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

β遮断薬を配合した緑内障の新薬

カルテオロール/ラタノプロスト配合点眼薬の臨床第Ⅲ相試験

 2017年01月17日 07:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 緑内障治療においては、多剤併用による利便性の低下や防腐剤の曝露機会が増加したことで、配合点眼薬が臨床導入されている。β遮断薬配合薬はチモロール含有製剤しかなく、カルテオロール(CAR)投与患者ではチモロールへの変更が必要となる。そのような中、CARにプロスタグランジン(PG)関連薬のラタノプロスト(LAT)を配合した点眼液(OPC-1085EL、以下OPC)が2016年9月に承認され、今年1月に発売となった。第70回日本臨床眼科学会(2016年11月3~6日)では、OPCとLATまたはCAR単剤、LATとCARの併用で検討した臨床第Ⅲ相試験(治験責任医師:岐阜大学眼科学教室岐阜大学眼科学教室教授/科長・山本哲也氏)の結果が報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  β遮断薬を配合した緑内障の新薬