メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 学会レポートへ戻る

予防的リハ栄養の定義とケアプロセスを提唱

サルコペニア・フレイル対策としての予防的リハ栄養

学会レポート | 2017.02.17 07:05

 超高齢社会となった現在、日常生活動作(ADL)障害の主たる要因が変容した。加齢に伴いフレイルが生じて徐々にADLが低下、さらに骨折や肺炎などによる入院を契機にADL障害を来すケースが増加している。横浜市立大学附属市民総合医療センターリハビリテーション科診療講師の若林秀隆氏は、第20回日本病態栄養学会(1月13〜15日)で、サルコペニア・フレイル予防を目的とした予防的リハビリテーション(リハ)栄養の定義とリハ栄養ケアプロセスを提唱した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  学会レポート >  予防的リハ栄養の定義とケアプロセスを提唱