メニューを開く 検索を開く ログイン

【解説】アトピー性皮膚炎の「悪循環」遮断へ

アトピー性皮膚炎の新薬nemolizumab 第Ⅱ相試験の注目ポイント
京都大学皮膚科学教室教授 椛島健治氏

 2017年03月10日 18:05
プッシュ通知を受取る

〔編集部から〕日本、米国、欧州で登録された成人の中等症~重症アトピー性皮膚炎患者264例を対象としたnemolizumabの第Ⅱ相試験であるXCIMA試験において、同薬の有効性が確認された(N Engl J Med 2017; 376: 826-835関連記事)。nemolizumabは瘙痒を誘発するサイトカインであるインターロイキン(IL)-31の受容体に対する抗体で、瘙痒を抑制することでitch-scratch-cycleと呼ばれる痒みとかきむしりの悪循環を断ち切ることができると期待されている。同試験を実施し、論文の著者でもある京都大学皮膚科学教室教授の椛島健治氏に、同薬の特徴やXCIMA試験で特に注目すべきポイントについて聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  【解説】アトピー性皮膚炎の「悪循環」遮断へ

error in template: found but mtif was expected