メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく

ログインはこちら

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

キャンペーンコードをお持ちの方はこちら

メディカルトリビューンウェブについて詳しく(サービスご案内) 

 感染症へ戻る

ビタミンDサプリ、かぜ予防に有効

感染症 | 2017.03.17 07:00

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 連日または週1回のサプリメントによるビタミンD摂取がかぜなどの急性気道感染症の予防に有効であると、英国のグループがBMJ2017; 356: i6583)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 0.5 分) 

 同グループは、ビタミンDサプリメントの急性気道感染症への影響を検討したプラセボ対照ランダム化比較試験のメタ解析を行った。解析対象は25試験計1万1,321例(0〜95歳)で、うち1万933例から個別患者データが得られた。

 全試験で経口ビタミンD3が用いられ、12試験で連日摂取、3試験で週1回摂取、7試験で1~3カ月ごとの大量摂取、3試験で連日+大量摂取が行われていた。

 全体での解析では、ビタミンD摂取群で急性気道感染症のリスク軽減が認められ、補正後のオッズ比(OR)は0.88(95%CI 0.81~0.96)であった。サブグループ解析では、追加の大量摂取がない連日および週1回摂取でのみ保護効果が認められた(OR 0.81、同0.72~0.91)。

 連日および週1回摂取によるリスク軽減効果は、登録時血清25-ヒドロキシビタミンD値25nmol/L以上群(OR 0.75、95%CI 0.60~0.95)より25nmol/L未満群で大きかった(同0.30、0.17~0.53)。

(編集部)

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

  1. 1

    老人ホームの朝食がランチパック?!

  2. 2

    医療機関にもっとマネジメントを

  3. 3

    予定帝王切開が小児喘息と関係する可能性

  4. 4

    子宮頸がん一次予防に初の国際ガイドライン

  5. 5

    変形性股関節症に新指針―米整形外科学会

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  感染症 >  ビタミンDサプリ、かぜ予防に有効