メニューを開く 検索を開く ログイン

救急車の頻回要請者、平均年60回、多いと200回

8割以上が精神疾患の既往あり

 2017年06月02日 07:30
プッシュ通知を受取る

 救急車の出動件数は現在増加の一途である。一方で、重症度や緊急度が低いにもかかわらず救急車を頻回に要請する特定の個人による事案が増加しているという。東京都医師会救急委員会委員で日本医科大学大学院救急医学分野教授(同大学病院高度救命救急センターセンター長)の横田裕行氏は、東京都における救急頻回要請者の実態調査の結果から、年間30回以上の頻回要請者の平均年間要請回数は約60回で、多い人は年間200回、そのうち8割以上が精神疾患を既往していたことなどを第20回日本臨床救急医学会(5月26~28日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  救急車の頻回要請者、平均年60回、多いと200回