メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

90年以降、都道府県の平均寿命の格差が拡大

世界疾病負担研究(GBD)2015

 2017年08月17日 06:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 東京大学大学院国際保健政策学教室の野村周平氏らは、世界疾病負担研究(GBD)2015におけるわが国のデータを解析し「1990年以降の25年間で平均寿命および健康寿命の都道府県間の最大格差が拡大していたが、保健医療システムの予算および人的資源との関連は示されなかった。社会の超高齢化が進む中で健康転換が進展し、各種健康指標で見た地域間格差が拡大しているわが国の現状は、都道府県ごとに保健医療システムの成果を再検証する必要性を示唆していると言えそうだ」とLancet2017年7月19日オンライン版)で報告した。関連記事「世界の肥満関連死、25年で3割増」、「医療の質、日本は195カ国中11位」、「小児・青年の死亡は世界的に減少」、読み解くためのキーワード:健康転換(health transition)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  90年以降、都道府県の平均寿命の格差が拡大

error in template: found but mtif was expected