メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

CAR-T療法、今後の課題は?

 2018年12月04日 15:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T)療法が、がん免疫療法としてようやく脚光を浴びてきた。第56回日本癌治療学会(10月18~20日)では、自治医科大学免疫遺伝子細胞治療学(タカラバイオ)講座客員教授の小澤敬也氏が、CAR-T療法の現状と今後の課題について概説した。特定の血液がん患者に対しては著明な効果を示している同療法だが、固形がんに対してはおそらく同療法単独では不十分であり、併用療法の開発が必要と考えられるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  CAR-T療法、今後の課題は?

error in template: found but mtif was expected