メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  クロピドグレルからプラスグレル低用量投与への切り替えにより血小板抑制作用が増強

Circulation Journal Circulation Journal

2015. No.11の注目論文 日本循環器学会発行誌の注目論文を同誌編集長がpick up

Editor's Comment

 冠動脈疾患に対する抗血小板療法も新薬の登場で新たな展開を見せています。本研究は,アスピリン併用下でクロピドグレルから低用量プラスグレル(3.75mg)への切り替えがより強い血小板抑制を惹起することを示した点で参考になります。

東北大学循環器内科 教授
Circ J 編集長 下川 宏明氏

クロピドグレルからプラスグレル低用量投与への切り替えにより血小板抑制作用が増強

〜PCI後安定CAD患者の抗血小板薬2剤併用療法〜

 2015年11月26日 08:00

 第3世代のチエノピリジン誘導体であるプラスグレルは,クロピドグレルに比べて反応性の個体差が少なく,血小板抑制効果が高い。しかし,日本でのプラスグレルの承認用量は欧米の約3分の1であり,日本人の患者で,クロピドグレルからプラスグレル低用量(3.75mg/日)への切り替えによる薬力学的効果を検討したデータは多くない。千葉大学循環器内科の西毅氏らは,アスピリンとクロピドグレルの2剤併用療法を受けている,経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後安定冠動脈疾患(CAD)患者53例の前向き研究の結果から,クロピドグレル標準用量からプラスグレル低用量への切り替えにより血小板抑制作用の増強が期待できることを,Circ J(2015; 79: 2439-2444)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    家庭血圧の日々変動が認知症発症リスクに

  2. 2

    重度精神疾患患者は平均余命が20年以上短い

  3. 3

    90年以降、都道府県の平均寿命の格差が拡大

  4. 4

    制吐療法に新たな推奨、ASCOガイドライン

  5. 5

    実は低かったサルコイドーシスの寛解率

  6. 6

    真夏の夜の夢

  7. 7

    2050年に世界で1億1,500万人が失明

  8. 8

    毎月、ネットショッピングで利用する金額は?

  9. 9

    中年期の血管リスクが認知症リスクを増大

  10. 10

    分娩時の羊水内感染症管理に抗菌薬を推奨

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  2. 2

    今話題の「筋膜リリース」ってなんだ?!

  3. 3

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  4. 4

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  5. 5

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  6. 6

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  7. 7

    大動脈ステントグラフトで死亡例も

  8. 8

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  9. 9

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  10. 10

    3つのGLを統合した成人肺炎診療GLとは?

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  クロピドグレルからプラスグレル低用量投与への切り替えにより血小板抑制作用が増強

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:R08037877有効期限:8月末まで