メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) »  P-CABは逆流性食道炎の治療を変えるのか?

ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器)

P-CABは逆流性食道炎の治療を変えるのか?

慶應義塾大学医学教育統轄センター 鈴木秀和

 2016年02月09日 07:10
プッシュ通知を受取る

研究の背景:日本発の酸分泌抑制薬が臨床に登場

 ボノプラザンフマル酸塩(以下,ボノプラザン)は,酸分泌抑制薬としてはプロトンポンプ阻害薬(PPI)とはクラスの異なる,わが国で開発されたカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(Potassium-Competitive Acid Blocker:P-CAB)である。本剤は,2014年11月に厚生労働省の医薬品第一部会にて了承され,薬事・食品衛生審議会薬事分科会に報告された。胃潰瘍,十二指腸潰瘍,逆流性食道炎,低用量アスピリン投与時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制,非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制,そして胃潰瘍,十二指腸潰瘍,胃MALTリンパ腫,特発性血小板減少性紫斑病,早期胃がんに対する内視鏡的治療後胃およびヘリコバクター・ピロリ感染胃炎におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助に対する有効性が示されて,認められたベネフィットを踏まえると安全性は許容可能と判断され,世界に先駆けてわが国で2015年2月から発売開始となった(日本医事新報 2015; 4751:32-39)。今回紹介する論文は,この承認時に提出されたデータのうち,逆流性食道炎(びらん性食道炎)の治癒効果を検討した臨床試験の結果である(Aliment Pharmacol Ther2016; 43:240-251)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) »  P-CABは逆流性食道炎の治療を変えるのか?

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12038351 有効期限:12月末まで