メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) »  P-CABは逆流性食道炎の治療を変えるのか?

ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器)

P-CABは逆流性食道炎の治療を変えるのか?

慶應義塾大学医学教育統轄センター 鈴木秀和

 2016年02月09日 07:10

研究の背景:日本発の酸分泌抑制薬が臨床に登場

 ボノプラザンフマル酸塩(以下,ボノプラザン)は,酸分泌抑制薬としてはプロトンポンプ阻害薬(PPI)とはクラスの異なる,わが国で開発されたカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(Potassium-Competitive Acid Blocker:P-CAB)である。本剤は,2014年11月に厚生労働省の医薬品第一部会にて了承され,薬事・食品衛生審議会薬事分科会に報告された。胃潰瘍,十二指腸潰瘍,逆流性食道炎,低用量アスピリン投与時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制,非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制,そして胃潰瘍,十二指腸潰瘍,胃MALTリンパ腫,特発性血小板減少性紫斑病,早期胃がんに対する内視鏡的治療後胃およびヘリコバクター・ピロリ感染胃炎におけるヘリコバクター・ピロリの除菌の補助に対する有効性が示されて,認められたベネフィットを踏まえると安全性は許容可能と判断され,世界に先駆けてわが国で2015年2月から発売開始となった(日本医事新報 2015; 4751:32-39)。今回紹介する論文は,この承認時に提出されたデータのうち,逆流性食道炎(びらん性食道炎)の治癒効果を検討した臨床試験の結果である(Aliment Pharmacol Ther2016; 43:240-251)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    脳梗塞と誤認されたフグ毒中毒の症例

  2. 2

    真夏の夜の夢

  3. 3

    ASCO2017 がん免疫療法のトピックス

  4. 4

    8学会で抗菌薬適正使用を支援

  5. 5

    重症産後うつ病に有望な注射薬は?

  6. 6

    2050年に世界で1億1,500万人が失明

  7. 7

    開業に必要な3つの「決めるべきこと」

  8. 8

    生薬の"染色体毒性"を防いで流産防止

  9. 9

    米国のてんかん患者数が増加、CDC・2015年推計

  10. 10

    家庭血圧の日々変動が認知症発症リスクに

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  2. 2

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  3. 3

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  4. 4

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  5. 5

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  6. 6

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  7. 7

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  8. 8

    3つのGLを統合した成人肺炎診療GLとは?

  9. 9

    統合失調症、陰性症状の治療と支援

  10. 10

    うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) »  P-CABは逆流性食道炎の治療を変えるのか?

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:R08038351有効期限:8月末まで