メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクター元ちゃんの僕の話を聞いてみまっし! »  第1回:元ちゃん、がん患者になって初めて気付く

ドクター元ちゃんの僕の話を聞いてみまっし! ドクター元ちゃんの僕の話を聞いてみまっし!

第1回:元ちゃん、がん患者になって初めて気付く

 2016年11月08日 11:00

治療する立場から受ける立場に

 昨年(2015年)3月、外来診療中に気分が悪くなり、トイレに行ったところ下血を認め、胃内視鏡検査を受けた結果、胃の上部に進行がんが見つかりました。その後の検査で肝臓や周囲のリンパ節への転移、横隔膜への浸潤が分かりました。

 「治療をしなければ予後半年」の診断を受け、"治療をする立場"から"受ける立場"に。それは単に、医者の不養生で胃がん検診を疎かにした罰なのかもしれません。ですが、もともと物事を前向きに考える性格ということもあり、"がん治療医"と"患者"という2つの目線から発信しろ、という使命を与えられたと解釈することにしました。治療で病状が落ち着いた昨年(2015年)の秋頃から徐々に、医療者や住民向けに講演などを通じ、自分の経験を中心にいろいろと発信を始めました。

 実際に活動をしてみると結構反響があり、「やって良かった」と思うと同時に、活動をするという使命感や、そのために体調を整えることが、自分自身の闘病意欲にもつながっており、いわば「Win-Win」の関係になっているということを実感しています。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  ドクター元ちゃんの僕の話を聞いてみまっし! »  第1回:元ちゃん、がん患者になって初めて気付く

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10505498 有効期限:10月末まで