メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  糖質の量と質、どちらが重要か

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

糖質の量と質、どちらが重要か

OmniCarb試験の結果と今後の展望

北里研究所病院糖尿病センターセンター長 山田悟

 2017年01月20日 08:00
プッシュ通知を受取る

研究の背景:糖質の量だけでなく、糖質の質=GIに注目する研究も

 心血管イベントの危険因子を管理する食事法として、糖質に注目する食事がクローズアップされつつある。その中で、糖質の量に注目するのが糖質制限食であり、糖質の質に注目するのが低Glycemic Index(GI)食である。低GI食については、オーストラリア・シドニー大学のグループなどが精力的にその意義を報告しており、2015年には国際グループからの声明として、インスリン抵抗性のある人には低GI食が勧められるべきであるとされている(Nutr Metab Cardiovasc Dis 2015;25:795-815)。

 一方、米・ジョンズホプキンス大学やハーバード大学のグループがGI(糖質の質)と糖質量のどちらが糖代謝への影響が強いかを検討したのがOmniCarb試験である。既に2014年に、低GI食にするだけではインスリン感受性を改善できないことが報告されている(JAMA 2014;312: 2531-2541)。このたび、同試験のサブ解析として、グリコアルブミン(GA)やフルクトサミン(FA)といった2週間程度の期間の血糖管理指標に対するGIと糖質量の影響についての解析結果がBMJの姉妹紙に報告された(BMJ Open Diabetes Res Care 2016;4:e000276)。糖質への注目が高まるにつれ、質なのか、量なのか、という点は大切であると考え、私なりの考察も含めてご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  糖質の量と質、どちらが重要か

error in template: found but mtif was expected